整形外科を選ぶ方法や基礎知識も理解しておこう

糸の種類は様々

女性

糸の特徴をチェックしてみよう

仙台市内の美容整形外科クリニックではシワやたるみを解消する若返り術として、スレッドリフトという施術法が注目を集めています。スレッドリフトは顔の皮膚の下に特殊な糸を埋め込み、たるんだ肌をリフトアップするという美容整形で、顔にメスを入れずに若返り効果を発揮するのが特徴です。スレッドリフトに使用される糸は術式などによって特徴が異なるので、仙台の美容整形外科クリニックで施術を受けたいという場合は、糸の種類をチェックしておくと良いでしょう。スレッドリフトに使う糸の種類の違いとしては、固定タイプと浮遊タイプ・溶ける糸と溶けない糸・とげの形状の違いと、大きく3つに分けられます。アンカータイプと言われる固定するタイプの糸は筋膜など硬い組織に固定する、フローティングタイプと言われる浮遊タイプは固定しないというのが違いの特徴です。スレッドリフトで使われる糸には時間の経過と共に溶けるものと、溶けずに残るものとがありますが、現在の主流となっているのは溶けるタイプの糸です。スレッドリフトの場合、糸でたるんだ肌を引き上げなければいけないため、皮下組織に糸がしっかりと引っかかるよう糸には「とげ」がついています。とげの種類は多岐にわたり糸の中央に向かいギザギザのとげがついているものや、円錐形の形をしているもの、さらにとげの数などにも違いがあります。このようにスレッドリフトに使う糸には形状に様々な種類があり、それぞれの糸によって得られる効果などが変わることを頭に入れておいて術式を選ぶと良いでしょう。

スレッドリフトは文字通り糸を使うリフトアップ術で、仙台市をはじめとする全国の美容整形外科クリニックでは、とてもポピュラーな美容整形の1つです。年齢を重ねても若々しさをキープしたいという仙台市民のみならず、東北各県、さらには関東などからも仙台市内の美容整形外科クリニックで、スレッドリフトの施術を受けています。糸を皮膚に埋め込んで引き上げることでシワやたるみを解消するスレッドリフトですが、使用する糸によって得られる効果が変わってきます。例えば溶けない糸を使った施術法の場合、時間の経過と共に糸が溶けることがないので持続時間が長く、平均して5年から7年ほどシワやたるみが目立たない状態をキープできるようです。溶ける糸も糸を埋入した直後は糸で肌が引き上げられるので物理的なリフトアップ効果が得られますが、このタイプの糸は時間が経つと自然に溶けてしまいます。糸が溶けてしまうとリフトアップの効果も無くなってしまうのではと感じてしまいますが、実は持続期間が短いと言われている術式であっても、効果は2年ほど続きます。なぜ、糸が溶けてしまった後でもリフトアップ効果が続くのかというと、自分の肌の中でコラーゲンの生成量が増加するからです。溶ける糸を使う術式の場合、異物を皮膚の中に埋めたことでコラーゲンを作る繊維芽細胞という細胞に刺激が加わります。刺激が加わった繊維芽細胞は働きを活性化し、コラーゲンをどんどん作り出すようになるので肌のハリ感や弾力性がアップするのです。溶ける糸であってもシワやたるみを解消できるのは、自前のコラーゲンを増やす効果があるからと言われています。

Copyright© 2020 整形外科を選ぶ方法や基礎知識も理解しておこう All Rights Reserved.